FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これって飼育していいの?

今回は飼育に関する法律について。
皆、けっこう解ってるようで解ってない。

昆虫飼育に関係する法律についてお勉強しましょう。
◎ワシントン条約
Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora
を略してCITES(サイテス)と一般的にはいいます。
これは乱獲などで絶滅の危機にある生物の国際取引を規制する法律です。
日本国内での窓口は外務省。
甲虫網ではColophon spp.(南アフリカ共和国)マルクワガタムシ属全種が指定されています。
附属Ⅲ 輸出入する場合には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となる。

◎外来生物法
これが一番皆さんが気になる法律でしょう。
窓口は環境省。
日本国内での在来生物を保護するための法律。
特定外来生物として2008,06現在の指定甲虫はテナガコガネ属全種、クモテナガ属全種、ヒメテナガ属全種が指定されています。
特定外来生物に指定されている場合、指定時に飼育している個体のみ登録により飼育できます。
その個体を使い繁殖させることはできません。
また、飼育個体の増減(といってもブリードできないのですから死損による飼育数の変化ですね)を報告する必要があります。
違反した場合
→ 販売もしくは頒布する目的で、特定外来生物の飼養等をした場合 (*頒布(はんぶ):配って広く行きわたらせること。)
→偽りや不正の手段によって、特定外来生物について飼養等の許可を受けた場合
→飼養等の許可を受けていないのに、特定外来生物を輸入した場合
→飼養等の許可を受けていない者に対して、特定外来生物を販売もしくは頒布した場合
→特定外来生物を野外に放ったり・植えたり・まいたりした場合

個人の場合懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金 / 法人の場合1億円以下の罰金


→ 販売もしくは頒布以外の目的で、特定外来生物の飼養等又は譲渡し等をした場合
→ 未判定外来生物を輸入してもよいという通知を受けずに輸入した場合

※個人の場合懲役1年以下もしくは100万円以下の罰金 / 法人の場合5千万円以下の罰金
となります。

◎植物防疫法
これは農作物の保護のためにある法律です。
カマキリ、トンボなどの農作物に被害に関係ないものは対象外になります。
害虫指定されていたり、その可能性の高いものに指定されます。
基本的には輸入に関する法律ですが、飼育に関しても全く関係ないわけではありません。
指定されている甲虫目は
シバンムシ科やゾウムシ科など各種甲虫が指定されています。
クワガタでは現在規制種はいませんが、新種など未判定のものは多数います。
カブトムシ亜科では
Aegopsis bolbocerida  ハビロミツノヒナカブト
Diloboderus abderus アブデルスツノカブトムシ
Golofa eacus エアクスタテヅノカブト
Oryctes australis
boas
gnu オオサイカブト
monoceros
rhinoceros タイワンカブトムシ
Papuana uninodis
Scapanes australis パプアミツノカブト
Strategus aloeus アロエウスミツノカブトムシ
anachoreta
barbigerus
jugurtha
quadrifoveatus
simson
Xylotrupes gideon ヒメカブト

といった種が規制されています。他にカナブン・ハナムグリも多数規制されています。
で、このリストにない未判定の種も多数いて、基本的には未判定の種は全て規制解除されるまで規制種と同じ扱いになります。

罰則 植物防疫法の第三十九条に該当する場合(例えば、輸入が禁止されている昆虫類の不正持ち込みなど)は、三年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処すると規定されています。

で、飼育に関してですが罰則はありません...しかし、規制種なので本来は飼育禁止になります。
あくまでも。罰則がないだけで、飼育が許可されているわけではないのです。
もちろん販売に関しても同じです。ある意味大変グレーゾーンにあるわけです。(黒に近いかも...)

植物防疫所では規制種に対して回収をおこなっています。アブデルスを回収に応じたHPが多数あると思います。検索してみてください。

私も規制種、見判定種共に飼育しているわけですが皆さんもこのへんのこと頭に入れた上で飼育を楽しみましょう。
また、規制が変わり規制種の飼育が全面禁止になる可能性もあります。その時の我々の対応しだいでは外国産の甲虫飼育が全て駄目になる可能性もなくはないです。
そんなことにならないように法律改正などについても各自でたまには確認するようにしましょうね。
スポンサーサイト

theme : クワガタ・カブトムシ
genre : ペット

comment

Secret

難しい話でふね(^^
地元産メインの僕は理解しなくても良さそうでふ(^^

新種はともかく、現在飼育中のはセーフにして欲しいな(>_<) 師匠のアドバイスに従ってゼリーを仕掛けてみました(^-^)v

No title

某先生がニフティフォーラムなんかでも
しきりに輸入種の危機管理に関して
警告文を掲載してますよね。

現在の状況もさじ加減だけで保っている均衡ですんで
なにかの拍子に既存輸入許可種が一転して
輸入禁止になる可能性はありますね。
ただ、全面禁止にはならないでしょう。

なぜって?
それは・・自主規制(^^;
お会いした時に話しませんでしたっけ。

No title

>鬼鍬氏
昆虫に限っていえば安心ですね。
でも、爬虫類なんかも混ぜると法律の問題は厳しくなります。
危険動物なんかもでてきますので。
ヤマカガシの飼育に何故6mm厚のケージが必要なんだ?なんてw
>名無しさん
ゼリーは少しクワガタが齧った臭いのついてるものがいいみたいですよ。
>回天さん
日本鞘翅目学会なんかでも規制の強化を提唱していますね。
あれがなければ入会するのにw
プロフィール

深夜のどるくす

Author:深夜のどるくす
東京23区内での昆虫飼育。
ショップ、温度管理etc

最近の記事
google先生
カスタム検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
今何時?
Biddersオークション
深夜のどるくす出品物です
参考検索
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

昆虫飼育用品購入
昆虫飼育用品をここから購入できます。
ヘラクレス飼育の定番品
メダカ観察キット
これで角曲がりとはおさらば。


外産飼育の必需品
最高最低温度計
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。